21歳男子大学生のセフレの作り方体験

友人で1人、すごいモテ男がいた。
彼はこれまでに何人もセフレを囲っていたので、セフレの作り方を友人に尋ねたら、 「セフレの作り方なんてハウトゥはない。
セフレの作り方は教えてやれないけど、おれとセフレの出会いについてなら話しはできる」 と言われ、それでも参考になるなら、と思って一生懸命に彼の話を聞いた。
彼の話を聞いて、やっぱりセフレの作り方の参考にはなるなと思った。
僕がまずしたのは知り合いの女の子を口説くところからだった。
いきなり「セフレになりましょう」なんて言ってセフレになってくれる子はいない。
つまり、まずは親密な関係になって、いつのまにか、付き合うかどうかの合意も得ずに体の関係になっていること、これがセフレを作るための秘策だと思ったのだ。
僕は最近仲の良いバイト先の女の子にターゲットをしぼった。
彼女は付き合いたいと思う対象ではないけれども、セフレにしてみたいと思う相手ではある。
一生懸命に彼女を口説き、バイト帰りに一緒にごはんを食べたり、お酒を飲みに行ったりするようになった。
そして、何度目かの夜、彼女は僕の家に来てくれ、体を許してくれた。
ここまでの間、彼女も僕に付き合う?と聞いてこなかったし、僕も直接付き合おうと言ったことはなかった。
僕はこれは、セフレとなる大いなる第一歩を踏み出したのだと喜んだ。
しかし、ことはそううまくはなかった。
翌日彼女は僕と付き合うことになったとバイト仲間に告げ、僕が彼女を口説いていたことを知っていた周囲の人たちも祝福してくれた。
なんだこれ。
セフレどころか、普通に付き合うことになったってことじゃんか。
セフレつくりには失敗した。

27歳独身男性会社員の神待ち体験

半年くらい前から「神待ち掲示板」にハマっています。
若い女の子が多いし、会える確率が凄く高いので即アポしたい時に向いています。
ただ、相手の女性はお金出してくれないので全部こっち持ちですが・・・
それは仕方ないですよね、さすがに家出中にお金出せとまでは言えません。

神待ちの女性のタイプは大きく分けて2つです。

■食事+性欲タイプ
普段はネカフェや安いホテルで寝起きしている為、泊まる場所に困ってはいない。
干渉を嫌う為、その日限りの関係を望んでいる。
ただ、ストレスは相当溜まるようで、それをセックスで解消する女性が多い。
即アポに繋がりやすいのはこのタイプです。

■共存タイプ
現在は家を確保しているけれど、今の生活を変えたい目的で神待ち掲示板に来ている。
同棲しているけれど解消したい、単純に窮屈な実家から脱出したい、などなど。
次に自分を面倒みてくれる受け入れ先を探しています。
淋しい男性はこういったタイプを呼び寄せて同棲を始めるようです。

僕がいつも遊んでいるのは「食事+性欲タイプ」の神待ちの女性です。
軽くご飯を食べてからホテルの流れ。
相手も慣れている子だと、スムーズに事が進むので駆け引き無しでOK。

帰る場所が無いと言いつつ、ほとんどの子は普段ネカフェで寝泊まりしている様子。
毎日男性と会えるわけでもないだろうし、女性は野宿できないから大変ですね。
ホテルへ行った時、
「久しぶりに広いベッドで寝た!」
と嬉しそうにしていた子もいました。

1度だけ「共存タイプ」の女性と会ったことがありますが、Hまでいきませんでした。
「この先もずっと一緒にいてほしい」
と言われてしまったので、それは出来ないとお断り。
まだ慣れていなかった為、ちょっと怖かったです。

神待ちの神を女性の事と間違って受け取る人が多いようですが逆です。
女性の願い(食事や宿泊先の確保)を叶える人という意味なので男性が神。
つまり、こちらが選ぶ立場だから高確率で会えるというわけです。

30歳独身男性ウェブデザイナーの婚活サイト体験

仕事でもインターネットは多用するのですが、今では出会いの場としても利用している最中です。
特に最近では婚活サイトなども利用できるので、私は積極的に活用している状態です。
また、ここでは実際に貴重な出会いも体験しています。
自分は異性に対して特に積極的ではないのですが、サイトの中だと意見もしやすいです。
そのため、婚活サイトなどで相手とコミュニケーションをするのは非常に得意なのです。
実際にその手順で理想の女性と出会いました。
相手は自分が出会ったことのないタイプで、仕事は現代人らしい美容関係です。
女性とはサイトを通じて何度か情報を交換しました。
そして、実際に会うまで話を進めることができたのです。

インターネットで相手の情報は知っていますが、実際に現実で会うと緊張します。
私はそういった感情を抑えてこの出会いを体験しました。
その女性と会ってみるとラフな感じで非常に好意的でした。
ここで感じたのが、インターネットの情報は信頼できるというものです。
仕事や趣味なども掲載されていた情報に忠実だったので、私はどこか嬉しかった記憶があります。
当然のように、その女性とは現在も上手くいっています。
自分は女性とは縁がないと思っていたのですが、インターネットの婚活サイトを使って本当に正解でした。